始まりは、やるかやらないかだ!

がんばれ! 路上ライブ

大阪駅前のグランフロントへ向かっていると、どこからともなく歌声が。
見ると路上ライブをしている。

観客は遠巻きに9人。
路上ライブとしては多いほうかもしれない。

ときおり、
誰もいないのに歌ってる人がいる
一人しかいないのに歌っている人がいる

だからだめ?

だからやらない?

違う!

始まりは
人数が多いとか少ないとかじゃない
やるかやらないかだ

仕事も、できるかどうかじゃない。
まずは、やるかやらないかで決まる。

 

講師も売れるか売れないかじゃない。
まずは、やる。

そこに誰も来てくれなければ、練習ができる。
一人来てくれたらお話ができる。
二人来てくれたら、セミナーになる。

 

288人のホールに9人

路上ライブに9人の人数で思い出したことがある。

2016年6月、長野県の松本で登壇した講演
会場は、まつもと市民芸術館の小ホール。288人定員。
https://www.mpac.jp/guide/small-hall

リンク先を見てもらえば分かるが、かなり良い会場。
そこに照明さんや音響さんもスタンバイ。(なんて贅沢)

しかし、
講演が始まるとき、会場に座っているのは9人・・・・・

288席に対して9人!!
正直、「どうやれば9人しか集められないんだ?」と思ったけど(笑

 

こういうときこそ「これはなんのありがとうだろう?」と自分に問いかける。

288人に9人しかいないって、面白くない?
伝説になるよね(笑

AKB48の初舞台は観客が7人だった
ビートルズの初舞台は、観客が18人だった

そう、まつもと市民芸術館での講演は、AKB以上ビートルズ未満の出来具合ということだ(笑

ちなみに、
小田和正さんのオフコースの初舞台は1人
明石家さんまさんも1人だったそうだ

きっと、そういう経験があるから強くなれる
きっと、そういう経験があるから優しくなれる
きっと、そういう経験があるから輝ける

できるかどうかじゃない。

始まりはいつだって、やるかやらないかだ!

2018年07月05日 | Posted in BLOG, 禅の言葉 | | No Comments » 

関連記事