すいかになりたい

七夕になると、思い出します。

2009年7月5日
5歳の娘を保育園に迎えに行きました。

七夕に向けて、園児たちの願い事が短冊に書かれています。

どんな願いごとが書かれてるのだろう。
そうやって見ていると、一枚の短冊に目が奪われました。

3歳の園児の願い

パパと一緒にお仕事に行きたい
消防車にも乗りたい
すいかになりたい

先生が代筆した短冊であったが、「すいかになりたい」って。。。
僕の中では、面白さよりも、なにか引っかかる。

よくわからず、娘と手をつないで帰る。
その途中で、フラッシュバックが起きる。

 

僕には、すいかに強い思い入れがある。

僕が、娘と同じ5歳のころ、母が家を出ていった。

母が出ていくとき、僕に何皿かの焼き飯とメロンをおいていってくれた。
メロンの一切れをくれて、「あとは大事に食べるんやで」って

<お母ちゃん、出ていくんやな>って子どもながらに気づく。

「お母ちゃん出ていかんといて!」って言えばいいのに言えなかった。
母が出ていく理由が、父からの暴力だとわかっていたから。

そんな僕が母に伝えることができたのは

「今度はスイカにしてな」

子どもながらにメロンが高いものって分かっていた。
「メロンなんかいらん、スイカでええから、帰ってきてな」

そんな思いがあったのだと思う。

結局は、その思いは実現されなかった。

その後の父との生活は、まさに地獄だった。

当時の僕は、ずっと「消えてなくなりたい」と思い続けていた。
自殺という言葉を知っていれば、多分は死んでいたんだろう。
それぐらい生きることに希望がなかった。

 

<すいか>というキーワードが、

忘れたくて忘れたくて
あのときの僕は、僕じゃないと思いたくて
自然と封印されていた記憶をよみがえらせてしまった。

娘との帰り道、僕は号泣した。
それから2年ほどは、ふいに起きるフラッシュバックに悩まされた。

それを救ってくれたのは、児童養護施設の子どもたちだったように思う。

 

封印されていた記憶がよみがえってから、僕になにができるだろうと考えた。
その一つが、僕と同じような人生を歩んでいる子どもたちに

「大人になったらめっちゃ楽しいねんで!」を伝えたい!

未来が輝いてることが分かれば、今をがんばれる。
そう思ったのだ。

そうやって活動を始め、子どもたちに話す機会で出てくる。
子どもたちに話をしたあと、子どもたちから言われる。

 

禅さんみたいになりたい

児童養護施設を出たことを誇りに思える生き方をする!

 

そんなことを言ってくれる。
その大きな理由は、僕が彼らと同じように、虐待にあい、親から離れ、児童養護施設で育ったから。

それに気がついたとき、
虐待されてよかった、親に捨てられてよかった、児童養護施設で育ってよかった
心の底から、思えるようになった

その変容が、フラッシュバックに悩む僕を救ってくれたのだ。

そんな僕になれたのは、
子どものころから、たくさんの、かっこいい大人たちとの出会いが、あったから。

子どもの頃の先生たちを始めとした、たくさんのかっこいい大人たちの輝きが
僕を輝かせてくれたんだ

だから、僕もなろうと決めた。

輝くかっこいい大人になって、子どもたちを照らし輝かせる。

 

大人たちには感動を! 子どもたちには夢を! を伝えられる職業人を増やし、世界を輝かせる

それが、株式会社上司の魔法の理念です。

 

あなたが輝けば、あなたの周りの部下や子どもが輝く。
周りの部下たちや子どもたちの輝きが、あなたを更に輝かせる。

あなたと部下たち、子どもたちの輝きが、世界を輝かせる!

2018年07月07日 | Posted in 会社のこと, 黒岩禅 | | No Comments » 

関連記事